*

終了イベント

8月23日わくわく!どきどき!プログラム体験@七尾

活動報告 終了イベント

東京や首都圏を中心に1万人の子どもが体験したプログラミングワークショップ、ビスケット。
今回「NT Tコミュニケーション科学基礎研究所」の協力を得て、開発者と一緒に北陸初開催!

<ワークショップの意義>
なぜコンピューター?
コンピューターを通して理解出来ること、表現出来ることを体験します。何も無いキャンパスから絵を描き、自由に動かす指示(プログラミング)が出来るツールとしてつかいます。
プログラミング体験の必要性って?
この先の情報化社会に必要なツールの一つとして捉えています。使うだけのツールからつくることが出来る、自分で扱うことが出来るツールとしての概念が体験できます。

P1030153 P1030143

<ワークショップの目的>
プログラミング言語「ビスケット」は4歳から理解出来るものです。一方通行の「教える」ではなく「教える⇔教わる」のコミュニケーションを支援し、仲間と考える力を磨きます。そして、情報化社会で創造的に生きるキッカケを提供します。

※「ビスケット」の詳細はこちらから

<子供向けプログラム内容>
ひとり1台のタブレットを使い、時間内でアニメーションをつくり、全員でスクリーン上で動かし鑑賞をして楽しむワークショップです。子供たちにとって、コンピューターをただ「使う」側から、これからの情報化社会を創造的に生きる表現手段としての「つくる」力にチャレンジします。参加した子ども同士のコミュニケーションを育み、作品を一緒に分かち合うために最後に大きなスクリーンで鑑賞し合います。制作したアニメーションは、自宅でインターネット環境があれば作品を家庭で鑑賞できるので、イベント後に親子の家庭でのコミュニケーションを更に育むことが出来ます。

P1030148

<大人向けプログラム内容>
子どものプログラム実施後、このプログラムの解説やコンピューター教育について「コンピューターを通して理解出来ること」について工学博士原田氏のお話を聞いた後、子どもと同じプログラム言語「ビスケット」を使ったアニメーション作成にチャレンジすることが出来ます。

[監修] 原田康徳工学博士( NTT コミュニケーション科学基礎研究所)

日時:2014年8月23日(日)
子供向け1回目13:30〜15:00
子供向け2回目15:30〜17:00
大人向け17:00〜18:30
場所:七尾市立中央図書館(石川県七尾市神明町1番地)

費用:800円(子供、大人とも同額)
※駐車場はありませんので、公共交通機関を利用いただくか、周辺の駐車場をご利用ください。

お申込み:下記の必要事項をご記入の上、七尾市立中央図書館へFAX(0767-53-0617)でお申込みください。

お問合せ:七尾市立中央図書館 TEL:0767-53-0583

会場 □13:30〜(子供向け) □15:30〜(子供向け)□17:00〜(大人向け)※一つ選択
お名前
ふりがな
年齢
電話番号(昼間連絡が取れる番号)
E-mail(あれば)

8月24日わくわく!どきどき!プログラム体験@金沢

活動報告 終了イベント

東京や首都圏を中心に1万人の子どもが体験したプログラミングワークショップ、ビスケット。
今回「NT Tコミュニケーション科学基礎研究所」の協力を得て、開発者と一緒に北陸初開催!

お申込みはこちらから

<ワークショップの意義>
なぜコンピューター?
コンピューターを通して理解出来ること、表現出来ることを体験します。何も無いキャンパスから絵を描き、自由に動かす指示(プログラミング)が出来るツールとしてつかいます。
プログラミング体験の必要性って?
この先の情報化社会に必要なツールの一つとして捉えています。使うだけのツールからつくることが出来る、自分で扱うことが出来るツールとしての概念が体験できます。

P1030153 P1030143

<ワークショップの目的>
プログラミング言語「ビスケット」は4歳から理解出来るものです。一方通行の「教える」ではなく「教える⇔教わる」のコミュニケーションを支援し、仲間と考える力を磨きます。そして、情報化社会で創造的に生きるキッカケを提供します。

※「ビスケット」の詳細はこちらから

<子供向けプログラム内容>
ひとり1台のタブレットを使い、時間内でアニメーションをつくり、全員でスクリーン上で動かし鑑賞をして楽しむワークショップです。子供たちにとって、コンピューターをただ「使う」側から、これからの情報化社会を創造的に生きる表現手段としての「つくる」力にチャレンジします。参加した子ども同士のコミュニケーションを育み、作品を一緒に分かち合うために最後に大きなスクリーンで鑑賞し合います。制作したアニメーションは、自宅でインターネット環境があれば作品を家庭で鑑賞できるので、イベント後に親子の家庭でのコミュニケーションを更に育むことが出来ます。

P1030148

<大人向けプログラム内容>
子どものプログラム実施後、このプログラムの解説やコンピューター教育について「コンピューターを通して理解出来ること」について工学博士原田氏のお話を聞いた後、子どもと同じプログラム言語「ビスケット」を使ったアニメーション作成にチャレンジすることが出来ます。

[監修] 原田康徳工学博士( NTT コミュニケーション科学基礎研究所)

日時:2014年8月24日(日)
子供向け1回目11:00〜12:30
子供向け2回目13:30〜15:00
子供向け3回目15:30〜17:00
大人向け17:00〜18:30
場所:金沢市学生のまち市民交流館(金沢市片町2丁目5番17号)

費用:1,000円(子供、大人とも同額)
※駐車場はありませんので、公共交通機関を利用いただくか、周辺の駐車場をご利用ください。

お申し込みはこちらから

つながり広がる石川の種を育てようⅡその2(金沢)

石川の種2 種イベント 終了イベント

第2回目のテーマは、「参加者を楽しませよう
~ワークショップの中のファシリテーション~」

<こんな方にオススメ!>
・ワークショップ的な場作りをやってみたい
・地域やPTAや子供会、NPOでイベントを考えている
・対話やコミュニケーションに興味がある

<期待出来る収穫>
・下記のヒントが手に入ります
・ワークショップに興味がある人と繋がります
・楽しみながらコミュニケーションの可能性を学べます

〈What’s ワークショップ?〉
なぜ、コミュニケーションの場としてのワークショップが注目されてきたの?学校でも言語能力(≒コミュニケーション能力)の育成は始まっている!?(新学習指導要領)地域づくりや、子供イベント、セミナー等の体験や学び合う場で使われている手法、それが、ワークショップです。

第2回目(STEP編)は、ワークショップのデザインとファシリテーターの関わり方を学びます

<学ぶ内容>
ワークショップとコミュニティ(地域)、CSR、NPO
ワークショップをデザインする
ファシリテーションデザインにチャレンジ

■日時■  2014年7月13日(日)10:00~12:00

■会場■  石川県NPO活動支援センターあいむ
金沢市香林坊2-4-30 ラモーダ7F

■講師■ ワークショップデザイナー 坂本祐央子
(NPO法人百万石ワールドカフェ代表理事)

■参加費■ 無料

■定員■  20名

お申し込みは、こちらから
http://www.hyakumangoku.org/ishikawaseed2/

※この講座は、NPO起業実践講座です。
(平成26年度石川県NPO起業実践講座開催事業)

〈and more….〉
更にワークショップを体験したい!そんな方には、こちらを用意しています。

※第3回(JUMP編)
実際にワークショップ運営メンバーとして参加しよう!
サブファシリテーターとして、ファシリテーションを体験しよう!

8月10日(日)野々市市あらみや公園(野々市市役所隣り)